ゴミ箱を空にしたデータの状態とは。

ゴミ箱を空にするとデータは消えているのか?

「Windowsの動きが重くなった」または「人に見られたくないからデータを完全に消したい」と思い、ゴミ箱を空にするでしょう。ゴミ箱から捨てられたデータは本当に消えたのでしょうか?

結論から申しますと 「データは消えていません。」

例えば、「sample.xls」というファイルがあった場合、Windows上では、このファイルを「インデックス」と「実ファイル」の2パートで管理しています。ゴミ箱を空にした場合、このインデックスを削除するだけです。実ファイル(実データ)は、ハードディスク上には残っています。

家電量販店で販売している復元ソフトウェアを購入すれば、瞬時に復元できます。

データ領域が無くなる?

データが残り続けるという事は「長期間パソコンを使い続けていくと、ゴミ箱を空にしてもデータが増え続けるのでは?」という疑問が生じます。

インデックスから削除されたデータは、ユーザーが新規に作成したデータから順次 上書きされ続けます。

しかし、過去に残存したデータと新規上書きされたデータに差異が生じます。さらに、新規作成による上書きはインデックスが削除された昔のデータから上書きされていきます。

「過去に残存したデータと新規上書きされたデータの差異」、「インデックスが削除され まだ上書きされていないデータ」は容易に復元可能です。

フォーマットではデータは消えない

関連記事

  1. HDD消去ソフトと復元ソフトどちらが強い?

  2. 情報漏洩時の企業側のリスク(費用)について

  3. フォーマット後、本当にデータは復元可能か?を検証