不良セクタレポート機能

ディスクへの書き込みエラーが発生した箇所を正確に把握

不良セクタレポート機能

ディスクのデータ消去実施後「書き込みエラーが発生した場合、どこのセクタにエラーが生じたか?」をリスト出力(上限値100件まで取得)できます。この機能によりディスクの不良箇所が正確に把握できます。

書き込みエラーが発生した場合、消去完了後の消去ログ内容が「赤文字」表示になります。エラー発生時の消去ログを保存すると自動的に「———-BADSECTOR.txt」と不良セクタリストのレポートが出力されます。

不良セクタエラーが多数発生している場合、HDDの経年劣化により磁力低下が生じていると考えられます。その為、HDDを再利用するには不向きと言えます。