CDブート用イメージデータの作成方法について

USBブート非対応のパソコンでもDiskDeleterをご利用頂けます。

USBブートの出来ない機種でもデータ消去が可能に

消去対象のパソコンによってはUSBメモリからプログラムを起動させるUSBブートが出来ない機種があります。その場合、CDブート用のメディア(CD/DVD)を作成することによってCDドライブからDiskDeleterを起動させることが可能になります。
※本機能はバージョン2.0.1.1以降に搭載されております。

CDブート用メディアの作成方法

    1. 事前準備作業用のプログラムデータ(ZIPファイル)をデスクトップなどの任意の場所に保存をし、展開をします。
    2. 展開後のフォルダを開き、「DDUXCreator.exe」もしくは「DDTXCreator.exe」を実行します。
    3. 事前準備作業マニュアルの手順に沿ってUSBメモリへDiskDeleterのプログラム書込を実行します。

※既にDiskDeleter UX/TX/キットをお持ちのお客様はサポートページよりプログラムデータをダウンロードすることが可能です。

    1. プログラムの書き込みが終了したら、先ほどのフォルダを開きます。
    2. 「DDUX.ISO」もしくは「DDTX.ISO」というファイルが自動的に生成されます。
    1. 空のCD/DVDメディアをドライブにセットします。
    2. 生成された「ISOデータ」を右クリックし、「ディスクイメージの書き込み」を選択します。
    3. Windowsディスクイメージ書き込みツールが自動的に起動しますので「書き込み」を実行します。
    4. 書き込みが完了すればCDブート用のメディアが完成します。
    5. 消去対象PCのCD/DVDドライブにメディアをセットし、CDブートを実行することでDiskDeleterが起動します。

※CDブート時にはDiskDeleter本体(USBメモリ)がドングルの役割を果たしますので、USBメモリを対象機種に挿した状態で起動してください。