簡単操作でデータ消去を実現させる「DiskDeleter UE/TE」

DiskDeleter UE/TEは、「シンプル操作」「確実なデータ消去」をコンセプトに開発されており、DiskDeleter起動後は「消去開始」ボタンをクリックするだけで、認識するディスク(最大4台のディスクまで)すべてのデータを消去します。パソコン操作に不慣れな方でも迷わずに消去作業を行うことが可能です。

不要になったPCの廃棄、リースPCの返却時や組織内でのPC引継時のデータ消去を、PC利用者が自分自身で簡単かつ確実にデータ消去を行えるようにすることで、エンドポイントでのセキュリティが確保され個人情報保護や情報漏えい防止に役立ちます。

ライセンス管理不要の無制限ライセンス

データ消去ソフトウェアのライセンス管理は、情報システム部門の方には非常に面倒な作業となります。常に誰がどのくらいライセンスを利用したかの管理をしなければなりませんし、ライセンス数が不足していれば追加購入しなければなりません。また、購入となれば社内決裁が必要となり、時間・労力もかかります。

DiskDeleter UE/TEを1本ご購入頂ければ、同一拠点(同一法人且つ地理的に同じ敷地内の事業所)のご利用であれば、ライセンス数無制限でご利用頂けますので、追加コストも発生しません。

詳細なデータ消去ログを自動出力

DiskDeleter UE/TEにはデータ消去に関する詳細なログを出力する機能を搭載。ディスクデータ消去完了後、DiskDeleter本体(USBメモリ)内にhtmlファイルの消去ログが自動保存されますので、消去ログの保存し忘れなどといったことが無くなります。

消去ログの項目はハイエンドモデル「DiskDeleter UX/TX」と同じです。(不良セクタレポート、SMARTレポート機能は搭載されておりません)

「現NSA消去方式」でディスクデータを完全抹消

DiskDeleter UE/TEでは、ユーザ操作を悩ませてしまう選択肢を一切排除し簡単に高度なデータ消去を行うことが可能です。多くの企業が求める消去レベル「現NSA消去方式(ランダムランダムゼロライト)」が予め設定されているため、「どの消去方式を選択すればよいのかわからない」などといったことがありません。

「現NSA消去方式」は、ディスク全体の領域を乱数で二度上書きした後にゼロ(0x00)で上書きすることで、ソフトウェアでの復元および残留磁気を読み取る装置での復元を不可能にします。

※納品時にお客様の消去ポリシーに合わせて消去方式に設定することも可能な有料オプションサービス(税別18,000円/本)もあります。

ハイエンドモデル「UX/TX」との機能比較

 DiskDeleter UX/TXDiskDeleter UE/TE
無制限ライセンス
セキュアブート
ディスクのHex情報表示機能×
HPA/DCO表示×
ディスク消去方式16種類の消去方式から選択現NSA消去方式のみ
Secure Erase/拡張Secure Erase対応×
NIST 800-88対応(SSD消去用)× オプションサービスで対応可
RAID対応
マルチスレッド消去対応最大16台最大4台
サープラスセクタ消去サポート
HDD上のブート可能領域へのログ保存BIOS専用機もしくはBIOS/UEFI互換機×
消去ログ出力機能csv,htmlファイルhtmlファイル
不良セクタレポート出力×
SMARTレポート出力×
ネットワークドライブへのレポート保存×
リムーバブルメディアの消去対応
複数PCの並行消去作業×
CDブート用ISOデータ作成×

DiskDeleter UE/TE動作環境

DiskDeleter UE (USBブートの場合)
PCPC/AT互換機 (BIOS/UEFI互換またはUEFI専用モデル)、
Intel Mac
CPUx64 (2.0GHz以上)
RAM2GB以上
USBUSB2.0/3.0ポート(USBブートサポート)
ストレージI/FSATA、eSATA、mSATA、M.2、PATA、SCSI、
SAS、USBなど
ストレージの種類HDD、SSD、eMMC、USBメモリ/SDカードなどのフラッシュメモリ
ストレージセクタサイズ512n、512e、4Kn
OSOS非依存

DiskDeleter TE (USBブートの場合)
PCPC/AT互換機
(BIOS/UEFI互換またはBIOS専用モデル)
CPUx86 (2.0GHz以上)
RAM2GB以上
USBUSB2.0/3.0ポート(USBブートサポート)
ストレージI/FSATA、eSATA、mSATA、M.2、PATA、SCSI、
SAS、USBなど
ストレージの種類HDD、SSD、eMMC、USBメモリ/SDカードなどのフラッシュメモリ
ストレージセクタサイズ512n、512e、4Kn
OSOS非依存
DiskDeleter UE (Windows上で起動した場合)
PCPC/AT互換機 (BIOS/UEFI互換またはUEFI専用モデル)、Intel Mac
CPUx64 (2.0GHz以上)
RAM2GB以上
USBUSB2.0/3.0ポート
ストレージI/FSATA、eSATA、mSATA、M.2、PATA、SCSI、SAS、USBなど
ストレージの種類HDD、SSD、eMMC、USBメモリ/SDカードなどのフラッシュメモリ
ストレージセクタサイズ512n、512e、4Kn
OS64bit版の下記OS
Windows 10/8.1/8/7(64bit版)
Windows Server 2003 R2/2008 R2/2012 R2/2016
備考実行するには管理者権限が必要
システムドライブ以外のディスクに対して消去が可能
DiskDeleter TE (Windows上で起動した場合)
PCPC/AT互換機
(BIOS/UEFI互換またはBIOS専用モデル)
CPUx86 (2.0GHz以上)
RAM2GB以上
USBUSB2.0/3.0ポート
ストレージI/FSATA、eSATA、mSATA、M.2、PATA、SCSI、SAS、USBなど
ストレージの種類HDD、SSD、eMMC、USBメモリ/SDカードなどのフラッシュメモリ
ストレージセクタサイズ512n、512e、4Kn
OSWindows 10/8.1/8/7
Windows Server 2003 R2/2008 R2/2012 R2/2016

備考実行するには管理者権限が必要
システムドライブ以外のディスクに対して消去が可能
<<ご注意下さい>>
  • DiskDeleter納品後、お客様側での準備作業(初回のみ)が必要となります。
  • 事前準備作業時にはWindows10(64bit版)およびインターネット環境が必要です。
  • DiskDeleter UE/TEはデータ消去完了までUSBメモリを取り外すことは出来ません。
  • USBブートの場合、仕様により72時間後に自動的に再起動します。
  • USBメモリー上に他のファイルも自由に保存できます。
  • 消去対象機器によってはDiskDeleterが動作しない場合もあります。

※上記の会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。なお本文中では、TM、R マークは明記しておりません。