データ消去方式は業界最多の16種類を搭載

消去対象のディスク・用途にあわせた消去方式を選択が可能です。

DiskDeleterシリーズに搭載されている消去方式についてそれぞれご説明致します。(ソフトウェアによるデータ消去は、データを「削除する」のではなく、HDD上にあるデータに対して固定値や乱数の値を「上書き処理」を行い、データを復元できないようにします。)


個人利用が多い場合の消去方式

社員・個人のデータが多いパソコンやHDD、USBメモリなどのデータを消去する場合は、1~4の消去方式で問題ありません。家庭内・企業内で再利用を前提とした場合に最適です。

1.ゼロライト消去方式

データ領域をゼロ(0x00)で上書きします。ゼロライト後はソフトでのデータ復元は不可能になります。残留磁気を読み取る装置では復元される可能性があります。


2.ランダムライト消去方式

データ領域を乱数で上書きします。ランダムライト後はソフトでのデータ復元は不可能になります。残留磁気を読み取る装置では復元される可能性があります。


3.NIST 800-88消去方式

アメリカ国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology)が推奨する最新のNIST800-88に準拠したSSDなどフラッシュメディアを消去する方式。ディスク全体の領域をゼロ(0x00)で上書きした後、書込検証を行います。


4.ランダム&ゼロライト消去方式

データ領域を乱数で上書きした後にゼロ(0x00)で上書きします。ソフトでのデータ復元は不可能になります。残留磁気を読み取る装置では復元される可能性があります。

機密情報・顧客データの消去方式

廃棄やリースアップしたパソコンから、絶対に漏洩してはいけないデータ、機密情報や顧客データが入っているHDD、SSD、USBメモリ、外付けHDDなどはグレード5以上の消去方式を奨めております。高度な消去方式を用いるため、消去完了までの時間が通常よりも多くかかります。


5.NIST 800-88 Advanced消去方式

アメリカ国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology)が推奨する最新のNIST800-88に準拠したSSDなどフラッシュメディアを消去する方式。ディスク全体の領域を乱数で上書きした後、ゼロ(0x00)で上書きし、書込検証を行います。


6.現NSA方式 ランダム&ランダム&ゼロライト消去方式

ディスク全体の領域を乱数で二度上書きした後にゼロ(0x00)で上書きします。ソフトウェアでの復元および残留磁気を読み取る装置での復元は不可能になります。


7.米国国防総省準拠方式 DoD5200.28-M消去方式

ディスク全体の領域を固定値(0xff)、ゼロ(0x00)、乱数で上書きします。米国国防総省にて導入されたDoD5200.28-Mとして知られている抹消方式です。ソフトウェアでの復元および残留磁気を読み取る装置での復元は不可能になります。


8.米国空軍方式 AFSSI5020消去方式

ディスク全体の領域をゼロ(0x00)で上書きした後、固定値(0xff)、ランダム固定値で上書きし、最後に10%書き込み検証を行います。ソフトウェアでの復元および残留磁気を読み取る装置での復元は不可能になります。


9.米国国防総省準拠方式 DoD5220.22-M消去方式

ディスク全体の領域を最初にゼロ、次に0xff、乱数で上書きし、最後に書き込み検証を行います。企業内で最も一般的に使用されている方式です。ソフトウェアでの復元および残留磁気を読み取る装置での復元は不可能になります。


10.米国海軍方式 NAVSO P-5239-26-MFM消去方式

ディスク全体の領域を固定値(0x01)、固定値(0x7ffffff)、乱数で上書きした後書き込み検証を行います。ソフトウェアでの復元および残留磁気を読み取る装置での復元は不可能になります。


11.米国海軍方式 NAVSO P-5239-26-RLL消去方式

ディスク全体の領域を固定値(0x01)、固定値(0x27ffffff)、乱数で上書きした後書き込み検証を行います。ソフトウェアでの復元および残留磁気を読み取る装置での復元は不可能になります。


12.旧NSA方式 Bit Toggle消去方式

ディスク全体の領域をゼロ(0x00)、固定値(0xff)、ゼロ(0x00)、固定値(0xff)の順に計4回の上書きを行います。ソフトウェアでの復元および残留磁気を読み取る装置での復元は不可能になります。


13.ドイツ標準方式 VSITR消去方式

ディスク全体の領域をゼロ(0x00)と固定値(0xff)のパターンを3回繰り返し上書きし、最後に固定値(0xAA)で上書きします。ソフトウェアでの復元および残留磁気を読み取る装置での復元は不可能になります。


14.グートマン(Peter Gutmann)推奨方式

ディスク全体の領域に対して最初に乱数を4回、その後固定値を27回、最後に乱数を4回、合計35回の上書きを行います。1996年にピーターグートマンによって紹介された方式です。ソフトウェアでの復元および残留磁気を読み取る装置での復元は不可能になります。


ディスク内に搭載されている消去コマンドを利用して消去する方式

ディスクには基本的に確実にデータを消去するためのコマンドが内蔵されておりますが、Windows8以降のOSの場合、OSの仕様(制限)によってSerial ATA接続のディスクに対してこのコマンドを利用することが出来ません。DiskDeleterであれば、専用ケーブルを利用してUSB接続のディスクに対して消去を行うことが可能になります。

15.Secure Erase消去方式

SSDのマッピングテーブルを抹消し工場出荷状態にする方式です。SATA/IDE SSDに用意されているコマンドを使用して高速にデータ抹消を行います。SSDのウェアレベリングを回避し、マッピングテーブルやメモリセルをゼロで抹消します。(代替処理された不良セクタは抹消されません。)


16.拡張Secure Erase消去方式

SSD内部に設定された固有の値でデータを抹消します。SATA/IDE SSDに用意されているコマンドを使用して高速にデータ抹消を行います。SSDのウェアレベリングを回避し、マッピングテーブルやメモリセルをSSD内部に設定された固有の値で抹消します。(代替処理された不良セクタも抹消されます。)