大規模ディスクデータ消去ソリューション「DiskDeleter EX」

DiskDeleter EXは、データ消去の状況をリアルタイムで確認したり、データ消去ログの一元管理を可能にするデータ消去ソリューションです。大量のデータ消去を行う場合や全国の拠点(事業所)でデータ消去を行う際に有効なツールです。

消去対象のパソコンがオフラインの状態でも、消去完了後に専用ツールを利用してアップロードを行うことで、ライセンス管理や消去ログを管理者側で一元管理することが可能です。

消去ログの一元管理

データ消去の進捗状況をリアルタイムで確認可能

データ消去のリアルタイム確認

管理者はブラウザを通して各拠点の対象パソコンのデータ消去進捗状況をリアルタイムで確認することが出来ます。(対象機器がネットワークに接続されている場合)

青色での文字表示は消去ソフトが起動中 「稼働状況:Raunning」
緑色での文字表示はデータ消去実行中 「稼働状況:Progressing」
灰色での文字表示は消去完了状態 「稼働状況:Completed Successfully」
赤色の文字表示は消去エラー・中止状態 「稼働状況:Aborted」

大量のデータ消去ログを一元管理

DiskDeleter EXでは、詳細な消去ログレポートを管理者側で簡単に確認、管理することが可能です。

・パソコン名や作業者などのキーワード検索
・ユーザー定義検索
・日付検索
・消去ログの印刷済み/未印刷のデータ検索
・すべての消去ログデータ表示

など特定の条件から消去ログデータを抽出し、消去証明書としてプリントアウトしたり、「いつ・誰が・どのパソコンを・どの消去方式で」消去したのかなど詳細を管理することが可能になります。

データ消去ログ管理

大量のデータ消去作業だからこそ求められるシンプル設計

DiskDeleterEXイメージ

多くのディスクデータ消去作業を行う場合、1回のクリック操作さえも面倒な作業に感じられます。DiskDeleter EXは、一画面のシンプル構成で、少ない操作で簡単にデータ消去を行うことが可能です。

より簡単に操作するためのカスタマイズ

・データ消去対象ディスクを初期値で設定する
・消去方式の初期値をお客様指定の方式に設定する
・消去完了後の自動シャットダウンを自動設定

など、初期設定値をお客様向けにカスタマイズすることで、クリック操作を極限まで抑えることが可能です。(ITリテラシーの低い作業員でも簡単にデータ消去を行うことが可能になります)

その他、お客様独自の項目を設定したり、誤消去を防ぐためにプログラム起動時にパスワード入力をさせるなどといったカスタマイズが可能です。

専用のサーバ設置不要。導入方法もいたってシンプル。

DiskDeleter EX Cloudを利用すれば、自社内に専用のサーバを設置しなくとも簡単に運用が開始できます。(オンプレ対応も可)必要なのはDiskDeleter EX(USBメモリ)本体のみとなります。

DiskDeleter EX 標準価格(税別)
DiskDeleter EX Cloud年間利用料 150,000円/年
DiskDeleter EX USBメモリ 5,000円/本
DiskDeleter EX USBメモリ(UEFI対応版) 15,000円/本
DiskDeleter EX 消去ライセンス オープン価格

※消去ライセンスは事前に必要ライセンス数をご購入頂くパターンと毎月の利用ライセンス数分をお支払い頂くパターンの2種類ございます。
※USBメモリのプログラムは1年間の有効期限が設定されています。DiskDeleter EX Cloudを更新して頂くことで更新プログラムを配布させて頂きます。
※オンプレの場合は上記価格設定とは異なります。

※USBメモリの形状・カラーは在庫状況によって異なります。

EXクラウド