USBブート後、メイン画面が表示される前に「正しいUSBメモリが見つかりません」と表示されますが何が原因でしょうか?

「DISKDELETER USBが見つかりません。正しいUSBを挿入して下さい」とメッセージが表示される場合、異なるUSBポートへ挿し直した状態で再起動をお試し下さい。

USBメモリが認識されているからプログラムが起動しているのに、メイン画面が表示される前に「USBが見つかりません」となるのはおかしいと思われるかも知れませんが、これは仕様上考えられることです。

DiskDeleterはシステムメモリ上にプログラム(WindowsPE)を展開してロードさせる仕様ですが、その際に、起動時はBIOS側とUSBメモリとのやりとりでプログラムが読み込まれロードします。ロード後(メイン画面表示前)はBIOS側とのデータ通信は切り離され、WindowsPEとUSBメモリとの通信に切り替わります。この際に、PC機器側のUSBポートドライバが汎用的なものでは無く、メーカー独自のドライバを利用している場合、WindowsPEが対象のUSBポートの認識ができずにUSBメモリが見つからない状態になるケースがございます。

この場合は、DiskDeleter PRO/PROPLUS/BXであればWindows7 32bit版、UXであればWindows10 64bit版用のUSBポートドライバを適用させることで回避できます。

DiskDeleter UXの場合
DiskDeleter PRO/PROPLUSの場合

事前準備作業時に利用したフォルダを開き、「Drivers」フォルダ内にドライバファイル一式を保存し、再度「DDUXCreator.exe」もしくは「BMCreator.exe」を実行してイメージデータの作成を行いUSBメモリへプログラムを書き込みます。これで、対象機器のドライバが適用されたDiskDeleterが完成します。

  1. 【海外拠点】Hagiwara Sys-Com USと販売パートナー契約を締結

  2. 神奈川県の情報流出事件によるお問い合わせ急増につき、FAQを更新しました

  3. 消去後にHexデータを確認したところ書き込んだ情報が残っていました。消去は完了しているのでしょうか?…

  4. CDブートで消去をおこなうことはできますか?

  5. 改ざん防止の証明書とはなんですか?

  6. なぜ、完全な消去が必要なのですか?

  7. なぜ、自社内でデータ消去をおこなう必要があるのですか?

  8. 年末年始休業 期間のご案内

  9. 事業譲受について

  10. DiskDeleter製品サポート・出荷業務夏季休業期間のご案内

  11. DiskDeleter BX 販売終了のご案内

  12. システムメンテナンスによる休業日のご案内

  13. ゴールデンウィーク休業のご案内

  14. DiskDeleter UX/TX(2.1.1.5)アップデートプログラム公開のお知らせ

  15. 改ざん防止消去証明書の開き方、利用方法について教えてください。