改ざん防止消去証明書の開き方、利用方法について教えてください。

DiskDeleter UXおよびTXには改ざん防止消去証明書出力機能が搭載されております。

改ざん防止消去証明書

DiskDeleter UX/TXにて消去レポートを出力すると、上記の様に従来のCSVとHTMLファイル以外に暗号化された「_AT.html」ファイルと「_HASH.txt」ファイルの2つのファイルが自動生成されます。この2つのファイルがセットになることで改ざん防止消去証明書を開くことが可能になります。

※「_AT.html」もしくは「_HASH.txt」のいずれか一方でも改ざんがされている場合、消去証明書を開くことは出来ません。

Microsoft Edgeで改ざん防止消去証明書を開く場合

Edgeで消去ログを開く場合
「_AT.html」ファイルを開き、「消去証明書の表示」をクリックします。
改ざん防止消去レポート
「_AT.html」と「_HASH.txt」が一致した場合、消去レポートの内容を閲覧することが可能です。

※「_AT.html」ファイルと「_HASH.txt」ファイルは同一の場所(階層)に保存されている必要があります。

ChromeやFirefox等のブラウザで改ざん防止消去証明書を開く場合

Chromeで消去レポートを開く
「_AT.html」ファイルを開き、「消去証明書の表示」をクリックします。
ハッシュ値の入力
メモ帳などで「_HASH.txt」を開き、文字列を全てコピーし、入力窓へペーストします。「OK」をクリックすると消去証明書の内容を閲覧することが可能です。

お客様や社内で消去証明書を提出する場合

お客様や社内から消去証明書を求められた場合、前述の「_AT.html」と「_HASH.txt」2つのファイルをセットにして提出するようにしてください。

暗号化された改ざん防止消去証明書によって、原本性を証明することが可能になります。

  1. 【海外拠点】Hagiwara Sys-Com USと販売パートナー契約を締結

  2. 神奈川県の情報流出事件によるお問い合わせ急増につき、FAQを更新しました

  3. 消去後にHexデータを確認したところ書き込んだ情報が残っていました。消去は完了しているのでしょうか?…

  4. CDブートで消去をおこなうことはできますか?

  5. 改ざん防止の証明書とはなんですか?

  6. なぜ、完全な消去が必要なのですか?

  7. なぜ、自社内でデータ消去をおこなう必要があるのですか?

  8. 年末年始休業 期間のご案内

  9. 事業譲受について

  10. DiskDeleter製品サポート・出荷業務夏季休業期間のご案内

  11. DiskDeleter BX 販売終了のご案内

  12. システムメンテナンスによる休業日のご案内

  13. ゴールデンウィーク休業のご案内

  14. DiskDeleter UX/TX(2.1.1.5)アップデートプログラム公開のお知らせ

  15. 改ざん防止消去証明書の開き方、利用方法について教えてください。