HDD消去ソフトと復元ソフトどちらが強い?

お客様から良くこの様なことを良く聞かれます。

『「HDDデータ消去ソフト」と「復元ソフト」どちらが強いのか?』と。

データ消去ソフト側では「ディスク内のデータを復元不可能な状態に完全抹消!」と謳い、復元ソフト側では「消えてしまったデータも強力復元!」と謳う。まさに「矛盾」ですね。

家電量販店のソフトコーナーや、ECサイトのソフト販売コーナーを是非ご覧下さい。データ消去ソフトとデータ復元ソフトが並んでいると思います。普通に考えたら、前述の疑問がわきますよね。

では、本当はどちらが強いのでしょうか?

HDD消去ソフトの方が強い

答えから申し上げますと、「HDD消去ソフト」の方が強いです。市販されているデータ復元ソフトの注意事項を良くご覧下さい。下記の様な文言が記載されているかと思います。

データが消えた際は、ソフトをインストールせずにCD-ROMから起動して下さい断片化されたファイルは復元できない場合があります。データ削除後にWindowsログオフ、再起動した場合は復元できない場合があります。コンピュータが動いているだけで復元率は低下します。

つまり、市販されているデータ復元のパッケージソフトは、データ削除後からWindowsに少しでも変化があると復元率はどんどんと低下していくということです。その為、DiskDeleterなどを利用してHDDデータ消去を行った後では、市販されている通常の復元ソフトでは、データを復元させることは不可能に近いのです。

実際に消去ソフトを利用した後にデータ復元ソフトでスキャンした検証結果がありますのでご覧ください。
フォーマットしただけでは本当にデータが復元されるのか実験を行ってみる

但し、これは一般的に販売されているデータ復元ソフトについての場合です。

実際には一般には知られていない、データ復元のソフトや装置があります。しかも高額なものです。(これらの復元装置などの復元率は非常に高いと聞いております。)この様な高額な復元装置やソフトをどういったところが利用しているかといいますと、例えば警察関連、データ復元専門会社や調査会社などです。

こういったところですと、単純にゼロライト方式で消去したHDDでは復元はたやすいのではないのでしょうか?

やはり、絶対に復元させたくないデータなどがある場合は、より高度なデータ消去方式を利用してディスク内のデータ消去を行った方が良いと考えます。

関連記事

  1. フォーマットしただけでは本当にデータが復元されるのか実験を行ってみる

  2. 情報漏洩時の企業側のリスク(費用)について

  3. ゴミ箱を空にしたデータの状態とは。