なぜ、自社内でデータ消去をおこなう必要があるのですか?

社内機密情報を含むパソコンのデータ消去は、自社内でおこなう必要があります。

社内の情報漏えいを最前線で防ぐためには、自社で情報管理(完全な消去)をすることをお勧めします。
自社で消去をおこなわず外部の業者に依頼した際、情報漏えいのリスクを考慮する必要があります。リースの返却や消去業者など外部にパソコンを移動する場合、機密情報も同時に外部に移動するため事前に自社での完全な消去をおこなうことでリスク回避となります。

DiskDeleterは、自社でトレーニングなく簡単にデータの完全消去をおこなうことができます。

DiskDeleter検証用プログラム申込みフォーム

  1. DiskDeleterエントリーモデル 「UE/TE無制限版」 販売終了のお知らせ

  2. ARM版WindowsのSurface Pro Xに対応した『DiskDeleter ARM』を発売…

  3. DiskDeleterで消去をおこなっている際、残り時間が現実的ではない時間が表示されます。

  4. USBブート時のシステム情報にあるコンピュータ名が毎回変わるのはなぜでしょうか?

  5. DiskDeleter UX/TX(2.2.0.1)アップデートプログラム公開のお知らせ

  6. DiskDeleter UX/TX(2.2.0.0)アップデートプログラム公開のお知らせ

  7. データ消去ソフト「DiskDeleter Lite」がウエスタンデジタル「帰ってきた Waku Wa…

  8. DiskDeleter UX/TX(2.1.7.0)アップデートプログラム公開のお知らせ

  9. 【海外拠点】Hagiwara Sys-Com USと販売パートナー契約を締結

  10. 神奈川県の情報流出事件によるお問い合わせ急増につき、FAQを更新しました

  11. 消去後にHexデータを確認したところ書き込んだ情報が残っていました。消去は完了しているのでしょうか?…

  12. CDブートで消去をおこなうことはできますか?

  13. 改ざん防止の証明書とはなんですか?

  14. なぜ、完全な消去が必要なのですか?

  15. なぜ、自社内でデータ消去をおこなう必要があるのですか?