DiskDeleter UX/TXバージョンアップのお知らせ

DiskDeleter UXおよびTXのメジャーバージョンアッププログラムを公開致しました。

    • DiskDeleter UX バージョン1.1.0.6 → 2.0.1.1
    • DiskDeleter TX バージョン1.1.0.6 → 2.0.1.3

※今回のバージョンアップは、既にUX、TX、キットをお持ちのお客様もアップデート対象となります。

バージョン2.0.1.1/2.0.1.3の新機能および改善点

不良セクタレポート機能

DiskDeleterでは従来ディスクへの書き込みエラーが発生した場合、エラーログの回数のみが表示されていましたが、不良セクタレポート上ではどこのセクタに書き込みエラーがあったのかをリスト出力(上限値100件)する機能が搭載されました。これによりディスクの不良箇所などの状態が正確に把握可能になります。

不良セクタレポート機能について

SMARTレポート機能

「S.M.A.R.T.(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)」レポートをテキストデータで出力する機能が追加されたことにより消去を実施したディスクの健康状態をチェックすることが可能になりました。
※正確な情報を取得するにはディスク側がSMART機能に対応している必要があります。
※USB接続の場合、S.M.A.R.T.は取得できません。

S.M.A.R.T.レポート機能について

CDブート用イメージデータ生成機能

従来のバージョンでは、USBブート対応機種のみでの動作でしたが、生成されたイメージデータ(.iso)をCD/DVDメディアに書き込むことでUSBブート非対応の機種でもCD/DVDメディアを利用して起動させることが可能になりました。
※CDからの起動時にはDiskDeleter本体(USBメモリ)がドングルの役割となりますので、USBメモリを対象機器に接続しておく必要があります。

CDブート用イメージデータの作成方法について

データ消去のパフォーマンス向上

    1. 基本アルゴリズムの改善により消去パフォーマンスが向上しました。
    2. 暗号化など特殊な環境下での消去パフォーマンスが向上しました。

その他不具合修正

  • これまでに報告があった様々なバグを修正しました。

アップデート方法

サポートページより新しいプログラムをダウンロードし、事前準備作業時と同様の手順を行って頂くことでアップデートが可能です。

※サポートページを閲覧するには、ユーザ登録が必要となります。UX、TX、キットをお持ちのお客様でまだユーザ登録がお済みで無いお客様は、下記URLよりユーザ登録をお願い致します。

 ユーザ登録ページ:https://www.diskdeleter.jp/register/

 サポートページ(プログラムダウンロード):https://www.diskdeleter.jp/support/

  1. 【海外拠点】Hagiwara Sys-Com USと販売パートナー契約を締結

  2. 神奈川県の情報流出事件によるお問い合わせ急増につき、FAQを更新しました

  3. 消去後にHexデータを確認したところ書き込んだ情報が残っていました。消去は完了しているのでしょうか?…

  4. CDブートで消去をおこなうことはできますか?

  5. 改ざん防止の証明書とはなんですか?

  6. なぜ、完全な消去が必要なのですか?

  7. なぜ、自社内でデータ消去をおこなう必要があるのですか?

  8. 年末年始休業 期間のご案内

  9. 事業譲受について

  10. DiskDeleter製品サポート・出荷業務夏季休業期間のご案内

  11. DiskDeleter BX 販売終了のご案内

  12. システムメンテナンスによる休業日のご案内

  13. ゴールデンウィーク休業のご案内

  14. DiskDeleter UX/TX(2.1.1.5)アップデートプログラム公開のお知らせ

  15. 改ざん防止消去証明書の開き方、利用方法について教えてください。