Surface・iMac・Macbookのデータ消去を可能にしたUEFI対応版

DiskDeleter UXは、UEFI専用機に対応したデータ消去ソフトです。
従来のLegacyブート(BIOS互換)機はもちろんのこと、SurfaceやMac、Macbookなど多くの機種のデータ消去をすることが可能です。

※DiskDeleterシリーズの基本性能はすべて同じとなっております。
※BIOS専用機の消去も行う場合には、TX、専用ケーブルがセットになったDiskDeleter キットをおすすめします。

一画面操作でより簡単に、よりスピーディーにデータ消去を行えます

「クリック回数を極力無くし、簡単により多くの機種を消去したい」というお客様の声を反映し、新しいDiskDeleterシリーズでは、データ消去の設定を一画面で行えるようになりました。

DiskDeleterのメイン画面起動後は、消去対象のディスク・消去方式を選択し、「消去開始」ボタンをクリックするだけの簡単操作です。マウス・キーボード操作で簡単に対象のディスクを消去することが可能です。
※マウスの無い環境でもキーボードのみの操作でも消去が可能です。

セキュアブート対応

DiskDeleter UXならセキュアブートに対応しているため、セキュアブート解除設定を行わずに内蔵ディスクの消去にとりかかることが可能です。

DiskDeleterUXメイン画面

マルチスレッド方式で内蔵、接続されているディスクを並列消去

複数台のディスクを一括消去

DiskDeleterが認識するディスクなら、マルチスレッド方式によって複数台のディスクを同時に高速データ消去が可能です。

※イメージはWindows上でDiskDeleterを起動しているため、システムドライブ以外のディスクを同時消去しています。

USBメモリ1本で複数パソコンを並行して消去作業が可能

DiskDeleterは全てシステムメモリにロードされるため、DiskDeleter起動後はDiskDeleter本体を取り外して
他のパソコンで利用することが可能となります。時間をかけて1台の消去作業の完了を待たなくても次のパソコンへと
同時並行して消去することが出来ますので、複数台のパソコンのデータ消去を行う際には時間短縮に繋がります。

※USBメモリを抜いて複数台の消去作業を行う際は、自動レポート保存はオフに設定し消去完了後に手動で消去レポートを保存する必要があります。

業界最多の16種類のデータ消去方式を搭載

    1. ゼロライト方式
    2. ランダムライト方式
    3. NIST 800-88方式
    4. ランダム&ゼロライト方式
    5. NIST 800-88 Advanced方式
    6. 現NSA方式(ランダムランダムゼロ)
    7. 米国国防総省準拠方式 DoD5200.28-M
    8. 米国空軍方式 AFSSI5020
    1. 米国国防総省準拠方式 DoD5220.22-M
    2. 米国海軍方式 NAVSO P-5239-26-MFM
    3. 米国海軍方式 NAVSO P-5239-26-RLL
    4. 旧NSA方式 Bit Toggle
    5. ドイツ標準方式 VSITR
    6. グートマン推奨方式
    7. Secure Erase方式
    8. 拡張Secure Erase方式

詳細な消去ログ出力機能搭載

DiskDeleterには詳細な消去ログを出力する機能が搭載されております。このログ出力機能により「いつ・誰が・どのパソコンを・どの消去方式で消去したか」また、データ消去は成功したのかどうかをログとして記録することが可能になっています。消去ログはcsv形式で出力されるため、複数のログファイルを加工してひとつの表として管理することも可能です。(同時にhtmlファイル形式の消去ログも生成されます)

ライセンス管理不要の無制限ライセンス

データ消去ソフトウェアのライセンス管理は、情報システム部門の方には非常に面倒な作業となります。常に誰がどのくらいライセンスを利用したかの管理をしなければなりませんし、ライセンス数が不足していれば追加購入しなければなりません。また、購入となれば社内決裁が必要となり、時間・労力もかかります。DiskDeleter UXを1本ご購入頂ければ、同一拠点(同一法人且つ地理的に同じ敷地内の事業所)のご利用であれば、ライセンス数無制限でご利用頂けますので、追加コストも発生致しません。

DiskDeleter UX動作環境

USBブートの場合
PC PC/AT互換機 (BIOS/UEFI互換またはUEFI専用モデル)、Intel Mac
CPU x64 (2.0GHz以上)
RAM 2GB以上
USB USB2.0/3.0ポート(USBブートサポート)
ストレージI/F SATA、eSATA、mSATA、M.2、PATA、SCSI、SAS、USBなど
ストレージの種類 HDD、SSD、eMMC、USBメモリ/SDカードなどのフラッシュメモリ
ストレージセクタサイズ 512n、512e、4Kn
OS OS非依存
 
 
備考 Windows PEの仕様により、USBブートから72時間後に自動的に再起動します。
Windows上で起動した場合
PC PC/AT互換機 (BIOS/UEFI互換またはUEFI専用モデル)、Intel Mac
CPU x64 (2.0GHz以上)
RAM 2GB以上
USB USB2.0/3.0ポート
ストレージI/F SATA、eSATA、mSATA、M.2、PATA、SCSI、SAS、USBなど
ストレージの種類 HDD、SSD、eMMC、USBメモリ/SDカードなどのフラッシュメモリ
ストレージセクタサイズ 512n、512e、4Kn
OS 64bit版の下記OS
Windows 10/8.1/8/7(64bit版)
Windows Server 2003 R2/2008 R2/2012 R2/2016
備考 実行するには管理者権限が必要
システムドライブ以外のディスクに対して消去が可能
<<ご注意下さい>>
  • DiskDeleter納品後、お客様側での準備作業(初回のみ)が必要となります。
  • 事前準備作業時にはWindows10(64bit版)およびインターネット環境が必要となります。

※準備作業を行うことで、誤ってUSBメモリがフォーマットされデータが消えたとしても再度お客様にてプログラムを書き込むことが可能となりました。

  • WindowsPEの仕様により、USB/CDブート72時間後に自動的に再起動します。
  • USBメモリー上に他のファイルも自由に保存できます。
  • BIOS専用機の場合、別途BIOSブート対応のDiskDeleter TXが必要となります。
  • 消去対象機器によってはDiskDeleterが動作しない場合もございます。

※上記の会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。なお本文中では、TM、R マークは明記しておりません。